漢学の里 諸橋轍次記念館

新潟県三条市にある諸橋轍次記念館公式ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

諸橋轍次について

生涯を通じて、漢学研究に情熱を傾けた諸橋轍次博士は、明治16年6月4日、三条市(旧下田村)に生まれました。
東京高師卒業後、都内の大学教授を経て、戦後は都留文科大学学長に就任。
この間50余年にわたり儒学を研究、大漢和辞典編纂という偉業を成し遂げました。
昭和40年には文化勲章を受賞。
57年12月8日、100歳で亡くなるまでに遺した数々の著書や書跡、日記等からは博士の慈愛に満ちた人柄が偲ばれます。
文学を愛し、郷里をこよなく愛した博士は、今なお地域の人に深く敬慕されています。
その博士の生家を含む小高い丘に記念館や広い庭園などが建設され、その一帯を「漢学の里」と呼んでいます。


78歳







| 諸橋轍次とは | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |